TOPアヅ・リキッドアヅリキッドの使い方の例
最終更新日 : 2021/06/17

アヅリキッドの使い方の例

育苗の場合、期間中500~1000倍希釈、1週間に1回。定植前に浸漬し、活着促進を図ってください。
栽培期間中、通常かん水では500~1000倍希釈、1~2週間に1回。点滴かん水では3000倍、毎日。
果菜類に対しては、成り疲れを軽減し、収穫期間を延ばす効果が期待できますが、成り疲れ症状が出る前から施用を始めることがポイントです。