TOP石灰窒素土壌センチュウ防除には、どのように使ったらよいのでしょうか
最終更新日 : 2021/06/24

土壌センチュウ防除には、どのように使ったらよいのでしょうか

1.作付け前、播種前に10a当たり50~100kgを全面散布又は作条に施用し作土と混和します。
 ※センチュウは地中で卵の形で越冬し、その間は薬剤に対する抵抗性が強くなります。春先になって地温が15℃以上になると卵からふ化した幼虫の動きが活発になるため、この時期を狙って施用すると効果が高まります。
2.センチュウ対抗植物との併用について。センチュウ防除にはマリーゴールド、ヘイオーツ、ソルガムなどの殺センチュウ効果のある対抗植物があります。緑肥として対抗植物を栽培し、すき込み時に石灰窒素を添加すると殺センチュウ効果と同時に緑肥の腐熟を早める効果も期待できます。

関連する質問